Menu

お客様本位の業務運営に関する取組方針

フィナンシャル・アドバイザーズ株式会社(以下、「当社」)は、お客さまの「最善の利益」を最優先とした業務運営を行う指針として、 「お客様本位の業務運営に関する取組方針」(以下、「取組方針」)を策定いたしました。当社は、日本の発展に貢献し、お客様に求められる企業であるため、透明性の高い経営を志向し、お客様を第一と考える「クライアンツ・ファースト」、 お客様に対し何事にも公正であるとする「フェア」、お客様にとってわかりやすく、簡潔を善しとする「スマート」を経営理念に掲げています。 取組方針はこうした経営理念を会社の業務に反映するためのものと位置づけております。
お客様本位の業務推進 経営アドバイザリー、M&A業務においてはお客様である企業の目的を理解し、目的の達成に向けた最善策の提供に努めて参ります。
FP・保険代理店業務においてはお客様の意向を十分理解し、お客様の意向の実現を最優先にしたお客様サービスの提供を行なってまいります。
人材サービス事業においては顧客である求職者及び求人企業の双方の要望を十分に把握し、双方の利益の最適化を図り、判断に必要な情報を適切且つ公平に提供していきます。
お客様の声を反映した業務の体制づくり お客さまからのご意見やご要望などの「お客さまの声」を広く承るととともに、これを真摯に受け止め、お客さまの声を反映して業務の見直しを進めてまいります。
お客様へのサービス向上 お客様の望まれるサービスを常に研究し、ご要望を反映できるよう新しいサービスの導入に努めてまいります。また、既存のサービスについては、お客様のご要望を踏まえたサービスの改善に努めてまいります。
お客様のへの絶え間ないサポートの提供 対面でのサポートにおいてはお客様視点にたち、質の向上と効率化の両面での業務の改善を進めてまいります。限られた人的リソースによるサポートの限界を認識し、ITなど最新の情報技術を駆使することによりお客様の望むサポートを絶え間なく提供できるよう努めていきます。
利益相反の適切な管理 お客様の利益が不当に害されることがないようにするため、利益相反管理業務を行なう担当を定め、取引におけるお客さまとの利益相反の可能性について把握し、適切に管理するよう努めてまいります。
企業文化としての位置づけ お客様本位でありことを社員全員が強く認識し、機会あるごとに共有していきます。お客様本位が当社の企業文化だといえるように不断の取組みを行ないます。